キングオブエクササイズ「スクワット」

健康の為にトレーニングを定期的に行うことは、多くの機関において推奨されています。トレーニングを続けることは健康に良いだけでなく、体のラインを引き締めたり運動機能の衰えを防ぐ為にも大変に有効であることが分かっているからです。どのようなエクササイズであっても、各人に合ったものを自分のペースで行うことが大切です。

しかしそのような中でも、最も効果的なエクササイズとして注目されているのがスクワットです。スクワットはヒップアップやウエストの引き締めなどといったダイエット効果だけでなく、体の中でも比較的大きな筋肉を鍛えることによって基礎代謝を促し、体本来の持つ機能を活かすことが出来るようになると考えられています。さらに、一般的に下半身を鍛えるための運動と認識されがちなスクワットですが、大臀筋を鍛えると同時に背筋や腹筋をバランスよく鍛えることが出来るため、体幹を安定させ、運動機能やパフォーマンスの向上を期待することが出来るともいわれています。

しかし、間違った方法でエクササイズを続けていても効果は期待できません。思いがけないケガにつながることもあります。正しいスクワットを行う為にはいくつかポイントがあります。まずはじめに、スクワットは正しいフォームで行うことが大切です。ひざを曲げていく時に、お尻を突き出さないこと、骨盤を前傾させた姿勢を保ちながら背中をまっすぐ保つことを心がけましょう。この動きによって、大臀筋と太ももの後ろ側の筋肉をストレッチします。

さらに、このエクササイズを正しく行うことで、大臀筋・ハムストリングの筋力と柔軟性が向上し、安定した体幹を作ることができます。この時のもう一つの大切なポイントは、ひざをつま先よりも前方に出さないことです。ひざが前に出てしまった場合、骨盤の前傾姿勢を保つことが困難になってしまいます。背中が曲がってしまい、股関節を十分に使うことが出来なくなるのです。

さらに、エクササイズの際の足の幅もポイントとなります。足の幅を広くとるほど太ももの内側により強い負荷がかかることになります。従って、エクササイズの効果を高めつつ自分の体力に合った負荷を得ることが出来るように足幅を調整する必要があるのです。また、足のつま先の向きとひざの向きが一致するように曲げ伸ばしすることにも留意しなければなりません。足先とひざの運動の方向が異なるとフォームが崩れるだけでなく、じん帯を傷める可能性があるからです。

スクワットは正しく行えば絶大な効果を得ることが出来るため、キングオブエクササイズとも言われています。正しい方法を再度確認してみることをお勧めします。

更新情報・お知らせ

ピックアップサイト

Tシャツやスウェット、パーカーを選ぶなら無地市場
オープンから7年を迎え、沢山のお客様にご利用頂いてきました。

箸へのこだわり
厳選された最高品質の材料に作っています

痩せる薬の選び方は
口コミか評判か沢山の情報からしっかりと選びべき